劇団『彗』規約

T 劇団の定義
名称
劇団『彗』(ゲキダン“スイ”)とする。
形態
演劇活動を主とするアマチュア劇団である。
活動
4月から翌年3月までを1年度とし、年間1作品以上を公演する。
   
U 劇団員
登録
希望者は劇団に登録料を納め、劇団『彗』の“登録メンバー”になる事ができる。
@ 登録料
登録料は2,000円とする。なお、学生(大学生・専門学校生)は登録料を1,000円とする。 
A 登録事項
劇団への登録は[氏名][住所][携帯電話番号][e-mailアドレス]を届け出る。(携帯電話・e-mailを持たない者は、代わりとなる連絡先を届け出る。)
登録内容に変更があった時は速やかに劇団代表に変更内容を届け出る。
  B 登録資格
  希望者であっても、高校生(18歳)以下の者は登録不可とする。ただし、学校所定の書類を学校長宛てに提出する事及び劇団所定の書式による保護者の同意書を劇団代表宛てに提出する事によって活動に参加しても良い。
  理事会
  劇団『彗』には8名程度からなる理事会を設置する。内1名を座長と称し、劇団の代表となる。
  @ 理事
  理事は登録メンバーの中から選出される。選出は前年度の理事会で行う。
  A 役割
  理事は、運営に関する話し合い(通称「理事会」)を開く。
理事は、劇団の予算、スケジュールなどの議決権を持つ。理事の過半数の支持を得られれば可決する。
理事は、年度毎の会計報告、活動の記録をする。
その他未記載事項は、その都度理事会で議論し決定する。
劇団総会
年1回以上開催するものとする。
@ 役割
規約(改定)の承認。
理事の承認。
理事会決定事項の承認。
A 承認条件
出席者の過半数の賛成で承認される。
  公演参加メンバー
  演劇の公演に向けて、その創作活動に参加する者を“参加メンバー”と位置付ける。
  @ 参加資格
  公演に参加するには、登録メンバーが劇団からの呼びかけに応じ、参加の意思を表明する。
  A 役割
  参加メンバーは、演劇の創作活動に、キャストあるいはスタッフとして関わる。
公演の規模に応じて、観客動員に協力する。(チケットノルマ制)
演劇の創作活動期間は、劇団のスケジュールにあわせる。
  B 登録メンバー以外の参加
  劇団から、客演あるいはスタッフ補助の要請を受けた者及び高校生(18歳以下の者)が参加する場合は、U−4−Aの事項の役割を持つ。ただし、チケットノルマは課さない。
  C 公演不参加の登録メンバーの役割
  劇団から招待券を2枚受け取り、観客動員に協力する。(ただし、共通チケットや共通公演などで、独自のチケット販売ができない場合は、招待券を発行しない。)
  劇団員登録の補足
  登録メンバーでない者が、複数年にわたって活動に参加することはできない。
 
以上を、劇団『彗』は基本的取決め事項とする。
劇団員は、マナーやモラルを守り、地域社会に演劇で潤いを与えられるよう、努力する。また、ファンや入団希望が増えるよう、創作活動や劇団運営に尽力する。
 
2006/04/29 公布
2008/04/04 改定
2009/04/11 改定
2012/04/05 改定
inserted by FC2 system