■劇団『彗』とは?

1999年にNPO法人岐阜県演劇協会(以下「演協」)のプロデュースのもとに発足したアマチュア劇団です。

1998年、演協の事業として岐阜県下の高校演劇のOBを中心にメンバーを募集。
美濃加茂市で行われた「岐阜県民文化祭(プレ国民文化祭)」で公演を行いました(劇団の前身となる『劇団よせなべU』)。
そして1999年、演協のもとから独り立ちし、劇団名を『彗』と改め、「国民文化祭」が『彗』としての初舞台になりました。

その後は、岐阜市内の小劇場での定期公演や、演劇祭への参加などを中心に活動を続けています。
劇団員の年齢層は10代から60代までと幅広く、『彗』の特徴のひとつとなっています。
若いパワーと豊かな経験とが融合した舞台が最大のアピールポイントです。



■劇団登録システム

アマチュア劇団である『彗』では、会費のようなものを徴収しています。
多くの劇団では団費として月毎に決った金額(劇団によって金額は多様)を徴収しますが、『彗』では1年間の登録料を納めます。
[住所][氏名][e-mailアドレス]を登録すれば、誰でもが劇団『彗』のメンバーとして活動できます。
「個人の出費を最低限にとどめ、誰でもが気軽に演劇を楽しめるシステムを」と考え出されたものです。
やっぱり、多額の月謝がかかる趣味って、長続きし難いですものね。

登録は年度ごとに行い、年度始めに公表される「年間活動スケジュール」を見たあとで、自分のスケジュールにあわせた活動への参加の度合を決める事ができます。
ですから当然のことですが、毎年、メンバーが違います。
劇団旗揚げ当初からの登録人数は100人を超え、現在は20名程度が『彗』のメンバーとして登録しています。
常に新鮮で、一期一会の精神で舞台づくりに臨めるのも、このシステムがもたらした『彗』ならではの良さだと自負しています。



■参加メンバー

年によって、回によって参加するメンバーが違うのが、『彗』のおもしろいところ♪
現在の劇団参加メンバーをご紹介します。

★劇団『彗』参加メンバー



■劇団規約












inserted by FC2 system